提供される料理の素材や調味料など

今すぐお店に行きたくなるレストランの話
原則として、和食のレストランに於いては、その名の通りに、日本食のメニューが提供されることとなります。
和食に使用される材料としては、米に代表される穀物、野菜、魚介類、果物、豆類、海藻、とり肉などが使われるケースが多いようです。
そういう風に、日本食には、海産物や大豆加工食品が多用されることによって、脂肪分が少なく、ヘルシーであるとされながらも、塩分が高いという指摘をされるケースも少なくありません。
東南アジアの食文化に於いても、そのような特性を有しているものの、わが国に於いては、東南アジアのように肉や油脂分、風味の強い香辛料などを多用する習慣が無いという違いがあります。
和食の味付けをするためには、塩や、鰹節、昆布などを煮出して作られた出し汁、味噌、大豆を麹で発酵させた醤油、日本酒、米酢などの発酵調味料、みりん、砂糖などが使用されるケースが多いと言われております。
また、胡麻油や菜種油などが少量使われる場合はあるものの、ラードやバターなどといった動物性油脂が使用されるケースはほとんどないのも、日本食の特徴になります。
そして、材料を洗ったり、煮たりするために使用する水の風味も、和食のクオリティを決定する重要なファクターになります。
それらの中でも、日本人の主食として長い期間にわたって定着し続けているのは、米の飯になります。
そのように、わが国では、米が食事の基本であるという考え方から、米自体だけではなく、食事のことを「ご飯」と呼ぶ習慣が広く普及しております。
また、定食やどんぶり物などの中には、米の飯が含まれないメニューを探すのは難しいほど、日本食に白米が使用される可能性は高いと言って良いでしょう。
そういう意味合いからすると、白いご飯のクオリティが、和食の出来栄えを左右すると言っても過言ではないかも知れません。
そのような事情を考慮に入れて、米の産地や製法にこだわったり、上質な米を提供しているというキャッチフレーズを前面に押し出して、宣伝や広告を出したりする和風レストランも数多く見受けられます。
その他に、四季の移り変わりがあるわが国に於いては、旬や、季節感といったものも、日本食のクオリティを決定する重要な条件とされます。
一般的に、旬にとれた食材は、味や香りが良く、リーズナブルなコストで入手することが出来る他、栄養価が高いと考えられ、好意的に利用する飲食店、消費者が数多く存在するようです。

ピックアップ

Copyright (C)2017今すぐお店に行きたくなるレストランの話.All rights reserved.